NEWS

2017年12月1日

【プレスリリース】GROUND株式会社・ニトリグループとの納入契約に基づく物流ロボット「Butler®(バトラー)」が国内初稼働

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:宮田啓友、以下GROUND)は、家具・インテリア製造小売業大手の株式会社ニトリホールディングス様(以下ニトリ)との納入契約に基づき、インドのロボットベンチャー企業GreyOrange社の物流ロボット「Butler®」の国内初稼働を迎えましたので発表いたします。

この度の初稼働は、ニトリグループの物流会社である株式会社ホームロジスティクス様(以下ホームロジスティクス)が運営する西日本通販発送センター(大阪府茨木市)におけるもので、79台のButlerロボットがセンター内を動き回ることで、同センターにおける商品の入出庫および保管業務の自動化・省人化の実現を目指しています。

Butler写真

Butlerは、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

本日は「Butler」の稼働開始を記念してニトリグループ様の主催により報道関係者の皆様を対象とした内覧会が開催され、会場ではホームロジスティクス代表取締役社長・松浦様の挨拶のもと、同社概要およびButlerシステムの導入経緯が説明され、その後はインドGreyOrange社共同創業者兼CEOのSamay Kohli(サメイ・コーリ)により、「Butler」の先進性とButlerシステムがもたらす高い合理化効果についてプレゼンテーションが行われました。センター内では「Butler」による実際の業務と並行して報道関係者向けのデモも実施され、コンベヤと統合されたシステムの完成度について大きな関心が寄せられました。

集合写真

「Butler」は、物流センターの床面を移動するロボットが可搬式の棚の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステムです。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うためのワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されています。「Butler」 導入後の物流センターでは、商品の棚入れ・ピッキング作業工程において、従来型の作業方法に比較して大幅な省力化を実現します。

GROUNDは、我が国における生産労働人口の減少により労働力不足に直面している物流現場の問題に対し、AI(人工知能)・ロボティクスに代表される最先端のテクノロジーに基づくクラウド型物流プラットフォームの提供を通じて、飛躍的な生産性の向上を実現することにより問題の解決に寄与していきます。GROUNDは、”Intelligent Logistics”の創造を通して、日本の物流現場の未来を支えて参ります。

プレスリリースの詳細はこちらから

 

2017年09月4日

【レポート】ロジスティクスソリューションフェア2017にてButlerのデモンストレーションを行いました

8月29日(火)30日(水)に東京ビックサイトで開催されましたロジスティクスソリューションフェア2017にて、弊社の資本業務提携先である大和ハウス工業ブースにて、約1年ぶりにButlerのデモンストレーションを行いました。

2日間という短い期間でしたが、お陰様を持ちまして、盛況のうちに展示会を行えましたことを心より御礼申し上げます。

今後も、GROUND株式会社は”Intelligent Logistics”の創造を通して、日本の物流現場の未来を支えて参ります。

DSCN2970

ご来場頂きました方々には改めて御礼申し上げます。

2017年08月22日

【メディア掲載のお知らせ】AI白書 2017に弊社が取り上げられました

AI白書2017において「人工知能がもたらす技術の革新と社会の変貌」と題し、「利用動向」の中で物流の現場において、人とAIがどのように共存していくのか等、弊社の取り組みが掲載されました。

AI白書2017

2017年08月9日

【イベント情報】ロジスティクスソリューションフェア2017にてButlerのデモンストレーションを行います

昨年9月の国際物流展においてButlerの実機を初公開して以来、およそ1年ぶりにデモンストレーションを行います!

2017年8月29日(火)、30日(水)に東京ビックサイトで開催されるロジスティクスソリューションフェア2017に、弊社の資本業務提携先である大和ハウス工業がブース出展を行います。弊社は同ブースにButlerを展示し、およそ1年ぶりにButler実機によるデモを公開することとなりましたのでお知らせいたします。大和ハウス工業では、物流・不動産・金融の各分野における主力企業をパートナーとしてコーディネートし、「Dプロジェクト」の名称でこれまでにない新たな物流不動産ソリューションを提案しています。本展示では、「次世代型物流施設の実現に向けた大和ハウス工業の取り組み」と題して、AI・IoT技術を活用したマルチテナント型物流センター「DPL流山」の施設概要と、同施設に導入予定の最新のテクノロジーが紹介される予定です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  会期:2017年8月29日(火)~30日(水)10:00~17:00

  会場:東京ビックサイト 西3・4ホール

  ※大和ハウス工業様ブースにて「Butler」のデモンストレーションを行います。

  主催:公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会

  詳細・参加登録はこちら(http://jils-lsf.jp/index.html)から。(様々なメリットのある事前登録でのご来場をお薦めいたします。)

2017年08月9日

【講演・登壇】大和ハウス工業様主催のイベントで弊社宮田が登壇いたしました

8月3日(木)弊社の資本業務提携先である大和ハウス工業主催のイベントにて弊社代表の宮田が登壇しました。

当日は弊社代表の宮田が「物流ロボットButlerのご紹介」の演題で講演を行い、その後のパネルディスカッションにおいては、佐々木太郎氏(株式会社Hacobu)、加藤大和氏(株式会社アッカ・インターナショナル)、秋葉淳一氏(株式会社フレームワークス)、浦川竜哉氏(大和ハウス工業株式会社)とともに、人とロボットが物流の現場においてどのように共存していくのか等、活発なディスカッションが行われました。

IMG_02012

ご来場頂きました方々には改めて御礼申し上げます。