1. HOME(コーポレート Ver 02)
  2. 製品・サービス
  3. ロボットソリューション
  4. Standard Robot

Standard Robots社製
ロボットソリューション

GROUNDは、中国Standard Robots社製のロボットソリューションを提供しています。
同社のロボットソリューションは、世界中で1,000台以上の導入実績があり、物流領域における工程間搬送、ピッキング、作業効率改善を支援することが可能です。

自律型協働ロボット『Oasis』シリーズ

  • Oasis300UL
  • Oasis 600UL

「Oasis300UL」「Oasis 600UL」

Standard Robots社製ロボットソリューションの主要製品です。
「Oasis300UL」と「Oasis 600UL」は、その可搬重量300kgと600kgによって製品が異なりますが、個別のカスタマイズで可搬重量を1tに拡張することも可能です。また、両ロボットソリューションにはStandard Robots社の最新自動運転アルゴリズムが搭載されているため、停止位置の誤差が±5㎜という精度でコントロールでき、物流施設をはじめ、製造現場など正確さを求められる環境下の稼働にも適しています。

「Oasis300C」

「Oasis300C」

「Oasis300UL」の機能を継承しつつ、小型化され、小回りが利く自律型協働ロボットです。回転半径を400mmに抑えていることで、狭い通路や人が密集する環境にも適応することができます。より過酷なシーンでの柔軟性や俊敏性、モーションコントロールなどの利点を備えています。

無人搬送フォークリフト(AGF)『Gulf』シリーズ

  • Oasis300UL

    「GULF-1400-CDD」

    「GULF-1400-CDD」は、本体重量が700kgにも関わらず、可搬重量1.4t、上下移動1600mm、2段構造のフォーク爪というパワフルな仕様となっています。Standard Robots社製の優れた最新自動運転アルゴリズムが搭載されており、360°の回転、停止誤差±10㎜(外部センサー使用の場合は停止誤差±2㎜に矯正可能)の精度で稼働することができます。

  • Oasis300UL

    「GULF-1000-CPD」

    自動運転リーチ式フォークリフトである「GULF-1000-CPD」は、可搬重量1t、荷積み高さ3m、360°回転、停止位置誤差±10㎜、「田」字構造パレット対応、本体重量約2.6トンという仕様です。
    「GULF-1400-CDD」と同様の自動運転アルゴリズムが搭載されており、3Dカメラセンサーによる不定位置の自動荷役や、荷物の自動認識も可能です。
    さらに、RFID※1 が標準搭載されているため、積載製品の情報が自動的に取得され、倉庫管理システム(Warehouse Management System)とデータ連携します。また、カスタマイズにより、最大可搬重量を2t、最大荷積み高さ4.5Mに拡張することができます。

    ※1: Radio Frequency Identificationの略。高度情報サービスのツールとして期待される自動認識技術の1つで、ICタグとも呼ばれる。ID情報を埋め込んだRFタグと呼ばれる媒体に記憶された人やモノの個別情報を、無線通信によって読み書きできる自動認識システム。

特長

  • 高速マッピング

    床や環境を変更することなく、搭載された高性能LiDAR※2 によって、正確かつ迅速なマップ生成を実現します。

    ※2:光センサー技術。

  • 高い環境適応能力

    走行環境の70%以上が変更されなければ、常に正確な位置情報を自ら測定・取得し、タスクを遂行します。

  • スケジューリング

    ロボット同士が相互コミュニケーションを行い、最適経路、最短距離の算出や時間の配分を自ら行い、作業効率を向上させます。

  • 稼働する施設設備と連動

    エレベーターの自動乗降、自動ドアの通行、地震探知機や火災報知器と連動し、稼働します。

  • 自己点検システムの搭載

    ロボットが自らセルフテストを行い、故障や異常値を検出し、作業状態をリアルタイムでフィードバックします。

  • グローバル対応

    Embedded SIM(組み込み型のSIM)接続機能を追加しており、ローカル5Gに適応するだけでなく、世界100ヶ以上の国での使用が可能です。