1. HOME(コーポレート Ver 02)
  2. 製品・サービス
  3. GWES
  4. 業務自動化・リソース最適化
物流施設統合管理・最適化システム『GWES』

業務自動化・リソース最適化

概要

物流施設内の最適化を考える時、施設内の全作業工程を通じたオペレーションの効率化、商品の在庫管理の恒常的な見直しによる在庫保管の効率化は、非常に重要な課題となります。

ですが、現代の物流施設では、マクロ環境の変化や消費者動向の変化により、オペレーションが複雑化するとともに、求められるサービスレベルは年々高くなっています。そのため、人を中心としたオペレーションではなく、複数のシステム・ロボット・マテハンなどが導入され、さらに取り扱う商品の種類が膨大になっているため、従来のように人の経験や勘を基に判断を行う管理手法では対応が困難な状況になっています。

物流施設統合管理・最適化システム『GWES』では、こういった事業者様の課題を支援する「業務自動化・リソース最適化 」モジュールが2つあります。

  • RO

    ピッキング作業順/作業単位最適化モジュール

    『Routing Optimizer』

  • SO

    在庫配置最適化モジュール

    『Slotting Optimizer』

※お客様の目的や課題に合わせ、1モジュールのみの導入やモジュールの段階導入が可能です。

※お客様の目的や課題に合わせ、1モジュールのみの導入やモジュールの段階導入が可能です。

特長

商品オーダーの分析・振り分けを行い、ピッキング工程におけるスループットを向上

注文情報を分析するとともに、1台の作業台車(フォークリフト・ロボット・カゴ車など)の積載可能量を踏まえ、商品の格納場所が近いオーダーを集約し、ピッキング順序を自動コントロールします。これにより、ピッキング工程における人の移動距離を短縮し、全体的なスループット向上に寄与します。

作業効率・保管効率を向上する在庫配置を提案

人では計算の難しい多数のパラメーターを同時解析し、ピッキング工程における作業効率と、商品の保管効率を同時に向上させる在庫配置のロケーションを提案します。